fbpx

iPhone11のQi ワイヤレス充電器はdeskHackがおすすめ

2019年9月20日にiPhone11シリーズが発売されましたね。ほぼリーク通りの3眼、2眼といった外観ですが、主にカメラのスペックが大幅に向上し、バッテリーなどの基本スペックも20%以上向上して、更に使いやすくなっているようです。

株式会社CIO「町のお店」ではいち早くiPhone11 / iPhone11 Pro / iPhone11 Pro Maxを入手してワイヤレス充電(Qi)について動作確認しました。

2019年モデルiPhone11シリーズはApple公式HPにもあるように、正式にワイヤレス充電(Qi)に対応しています。

ワイヤレス充電器は置くだけで充電出来るというメリットがありながらも、結局は充電器の上に置かなければならず、いまいちメリットが最大化出来ていないように思えます。

そんな中、deskHackは机の裏に貼り付けるだけで普段机としてもワイヤレス充電器としても使用でき、更に7.5Wの急速充電が出来る最新のIoT機器としてiPhone11シリーズでも漏れなく大活躍間違いなしです。

iPhone11シリーズのqiワイヤレス充電をdeskHackで行ってみた

今までのワイヤレス充電器と一線を画すガジェットになっています。

この「deskHack」はクラウドファンディングにて1000人以上のご支援を経て製品化し、多くの人にご愛用いただいている次世代のワイヤレス充電器になります。

このように机の裏側に設置することで、机の上は何もない状態でワイヤレス充電が可能となります。

机の上はもちろん何もない状態になってしまいますので、充電ポイントを決めるために写真のようにコースターや、シールなどで目印をしておくと便利です。

机の真横から撮影。
「deskHack」は12mm~32mmまでの机の厚みに対応しているので、平均的な机でご使用いただけます。
※ただし金属製の机や、スマホケースは熱は異物検知機能が働きますのでご使用いただけません。

前置きが長くなりましたが、iPhone11 / iPhone11 Pro Maxを充電してみます。

まずはiPhone11から。
しっかりと充電が開始されているのが確認できました。

続いてiPhone11 Pro Max。
こちらもしっかりと充電が開始されています。

こちらはiPhone11 Pro
問題なくワイヤレス充電できています。
iPhone11シリーズはいずれも問題なくdeskHackで充電できます!

iPhoneは最大7.5Wのワイヤレス充電に対応しています。有線よりも充電スピードは劣ってしまいますが、サッと手軽に置くだけ充電はやはり便利です。
机の上がケーブルで混雑することからも解放されます。iPhone11シリーズには設置も簡単。置くだけ充電。ケーブルからの解放の「deskHack」がおすすめです!

iPhone11シリーズのワイヤレス充電機能については、現時点で双方向ワイヤレス充電が可能?との噂があります。
ハードウェアでは搭載されている?ソフトウェアで無効にされている?などまだ真相は不明ですが、バッテリーのコネクタが先代モデルより1つ増えているなどの変更点あるようで、ちょっと期待してしまいます。

中距離ワイヤレス充電器「deskHack」は各ECサイトにてご購入可能です。

Amazon
楽天市場
Yahooショッピング