fbpx

Airpod2のQiワイヤレス充電器はSuperMobileChargerが便利

Airpods2がリリースされましたね。

弊社CIOでも早速予約し、最短スケジュール(3/26)に到着しました。

早速使用する中で、Qi充電ケースに着目してご紹介します。
結論からお伝えすると、弊社で販売しているQi充電器にも、QiモバイルバッテリーにもなるSuperMobileChargerがやはり最強だと思います。

立て掛け型Qi充電器だとコイルの距離が足りない可能性がある?!

Airpods2を立て掛け型のQi充電器で充電してみました。

…..充電されておりません。

デュアルコイル搭載ですが、コイルの位置に対してAirpodsのサイズが小さすぎて反応しておりません。

 

手で位置を調整すると充電されました。
物にもよりますが、スマホを想定して作られている立て掛け型のQi充電器だと上記のように使えない可能性が高く、
オススメ出来ない結果となりました。

置き型だとAirpods2を問題無く充電可能

置き型の充電器(モバイルバッテリー含む)だとAirpods2を問題無く充電可能でした。
ただ、Twitter等でも話題に上がっておりますが、充電時のランプが消灯しつつも充電されている場合があるようです。(3/26現在)

iPhoneより残量表示されますが、視覚的に見たいですよね。
という事で、Qi充電器からもワイヤレス充電が出来ている事が分かる充電器がオススメです。

Airpods2のQi充電箇所には金属加工が施されている

背面がQI受電出来るような仕様となっておりますが、若干ではありますが金属が使われております。
Qi認証されているQi充電器は金属があると異物検知機能が作動し、Qi充電がストップされてしまいます。
※Qi認証されていない充電器はそもそもそのような機能は無く、問題無く充電出来ますが金属があっても構わず充電してしまう為、本体がショートし壊れてしまう危険性があるのでオススメしません。

異物検知機能の範囲を広くしてしまうと充電出来ない恐れがある為、Qi充電の実績がある充電器がオススメです。
SuperMobileChargerのQi認証は

 

Airpods2のQi充電はSuperMobileChargerがオススメ

ある時はQi充電器として、そしてまたある時はQiモバイルバッテリーとしてAirpods2も例外なく充電出来ました。

・モバイルバッテリーとして使用時

本体の電源をONにして上に乗せるだけ。
LEDランプが赤色に点灯していればQi充電が行われております。

・ACアダプターとして使用時

充電ケーブルに繋いで電源をONにするだけ。
同じく、LEDランプが赤色に点灯していればQi充電が行われております。

SuperMobileChargerはQi急速充電に対応

SuperMobileChargerはAirpodsの充電だけではなく、iPhone急速Qiワイヤレス充電7.5Wに対応(Androidは10Wに対応)
他のAppleデバイスでも急速充電が可能です。

また、QiだけではなくPD3.0充電に対応しており、iPhone8/8 plus/X/XS/XS Max/XRやiPad Pro、Macbook等の
急速充電にも対応。小型ながらとてもパワフルな充電に対応しております。

あらゆるデバイスに対応しており、1台持っているととても便利なので是非お使いください。

SuperMobileChargerの購入はこちら
※4/15発送となりますので、予約ボタンをご選択ください。